成分構成の差を「逆手」にとったニュージーランド産のラベンダーオイル


南半球に位置し、サザンアルプスと呼ばれる標高3000メートルを超える高い山々が連なるニュージーランド。ヨーロッパと気候的に似ている事もあり、ラベンダーの栽培に適した環境があります。
以前までは“普通”のラベンダーが栽培・生産されていたため、あまり注目を集めることは少なかったのですが、アビスヒル種の栽培・生産が始まると、そんなイメージを一新しました。
学名で記すならLavandula angustifola (Lavandula officinalis) Avice Hill。この品種より抽出されたラベンダーオイルの特徴はリナロール成分の少なさです。
リナロール成分はラベンダーオイルにおいて従来は最重要視されるもの。この成分の含有が多いほどにフローラル感が増すため、含有量の多いオイルが良い香りのオイルとして好まれてきました。

これに対してこの成分の少なさを「売り」にしたのがニュージーランド産のアビスヒル種のオイル。リナロールの成分がヨーロッパ(EU)においてアレルギーの原因物質(アレルゲン)としての指定を受けたことから、この成分構成を逆手にとる形で、低アレルギー性のラベンダーオイルとしてヨーロッパを中心に大きな注目を集めることとなったのです。
ラベンダーの香りに対して嫌悪感を感じたり、頭痛などの症状が出る方にはリナロール成分に対するアレルギーが疑われます。このような方にとって、ニュージーランド産の低アレルギー性のラベンダーオイルは好ましい、そして大変希少な存在だと言えるでしょう。

【ティーツリーファームズより こちらの記事もオススメ】
・「ペーパーバークの木」ってティーツリーの木? それとも???
・マスク用ティーツリースプレーの作り方&使い方
・除菌・抗菌スプレーに適したティーツリーオイルの濃度とは?
・ペパーミントで「暑さ対策」&「虫除け」をスーッと同時に解決!
・水虫菌の天敵は「ティーツリーオイル」
・ペパーミントオイルを使った胃腸風邪予防・食中毒予防スプレーのレシピ
・エッセンシャルオイルの小瓶を再利用することのメリットとは?
・車酔い防止と運転中の集中力アップに効果あり! 車で使うならペパーミントオイル

※このページではオーストラリアで知られているエッセンシャルオイルに関わる様々な情報を公開しています。ただし、実際のご利用に際しましては十分にご注意いただき、利用者ご自身の自己責任にて安全にご使用ください。



抗菌力に優れたティーツリー・抗菌エクストラクト キュアス ホホバオイル 抗菌エッセンシャルオイル メディフレグランス ティーツリーファームズ オンラインショップ

ティーツリーファームズ 公式LINEアカウント