ニュージーランド ラベンダーオイル

(低アレルギーケモタイプ)

ニュージーランド ラベンダーオイルとは?

ニュージーランドラベンダー エッセンシャルオイル
一般的なラベンダーオイルの主要成分となるリナロールの含有量が低く、一方でもう一つの主要成分となる酢酸リナリルの含有量が非常に高いという、世界的に見て唯一の成分構成を持っているのがこのニュージーランドラベンダーの特徴です。

タスマニアンラベンダーと同様に、ヨーロッパ産のラベンダーと比較してカンファの含有量が少ないため、刺激が少なく穏やかであると同時に、酢酸リナリルの作用によりパワフルでスッキリしたラベンダーの香りを楽しむ事ができます。

リナロールはリラックス効果をもたらす一方で、体質によってはアレルギーの原因ともなる成分です。一般的なラベンダーオイルには30%台の割合で含まれていますが、ニュージーランドラベンダーには半分以下の15%未満しか含まれていません。もう一方の酢酸リナリルにも高い鎮静・リラックス効果があることから、この高い数値でリラックス効果を損なうことなく、低アレルギーな成分構成を実現しています。

香りの強さ  ★★★★★ (5/5)

 

商品概要

このオイルのさらに詳しい情報
オンラインショップ

ティーツリーオイル エクストラクト 二次蒸留 エッセンシャルオイル

・ペパーミントオイルを拡散したら部屋から蚊がいなくなった!
・重視する点は2箇所! シンプルなティーツリーオイルの品質の見分け方
・吸入器が壊れた! ティーツリーオイルを使った吸入で気をつけるべきこと
・オーストラリア産ホホバオイルの絞りカスの行方は
・最小でキロ単位? ティーツリーオイルが日本に初めて紹介された頃の話
・多くの農園が年に2回、ハーベストをする理由は?
・赤みがかった新芽からティーツリーオイルを抽出すると・・・
・クレームを生んだ、新鮮なラベンダーオイルの香りの顛末