ティーツリーオイルが酸化するとどうなるのか?


ティーツリーオイルは開封後、1年を過ぎたあたりから徐々に酸化が気になり始めます。顕著な変化は香り。澄んだグリーンな香りに対して、独特の酸化臭が加わり始め、すっきり感が失われてゆきます。
他に酸化が進み始める事で見られる変化はキャンプの内側。オレンジ色のベトベトしたオイルが見られるようになると酸化が進んでいる証拠ですね。

時折、アロマショップのテスターとして置いてあるサンプルにもこうしたものが見られ、ティーツリーの専門家としてティーツリーの香りの『名誉』のためにも、「今すぐ交換してあげて〜」とお願いしたくなってしまいます。
ティーツリーオイルは鮮度によってその香りに大きな違いがあります!
香りを楽しむ目的では、新鮮・フレッシュなティーツリーオイルをご利用いただきたいと思います。

【ティーツリーファームズより こちらの記事もオススメ】
・夏対策ならペーパーミントを活用しよう
・オーストラリアでも精油の知名度はほぼゼロ・アニスマートルオイル
・洗髪でティーツリーオイルを使ったら、ヘアマニキュアがとれちゃった・・・
・ボウフラ退治に水溶性のティーツリーオイルを活用する
・抗菌エッセンシャルオイル&加湿器で風邪対策・予防 そしてシニアアロマにも
・涼しくなって、キャリアオイルの容器が凹んできた・・・その理由とは?
・抗菌効果抜群のティーツリーオイルを混ぜ入れた水なのに、それでも水が腐敗してしまう理由
・【研究データ】ティーツリーオイルでマイコプラズマ肺炎菌を不活性化

※このページではオーストラリアで知られているエッセンシャルオイルに関わる様々な情報を公開しています。ただし、実際のご利用に際しましては十分にご注意いただき、利用者ご自身の自己責任にて安全にご使用ください。



抗菌力に優れたティーツリー・抗菌エクストラクト キュアス ホホバオイル 抗菌エッセンシャルオイル メディフレグランス ティーツリーファームズ オンラインショップ

ティーツリーファームズ 公式LINEアカウント