ティーツリーオイルが酸化するとどうなるのか?


ティーツリーオイルは開封後、1年を過ぎたあたりから徐々に酸化が気になり始めます。顕著な変化は香り。澄んだグリーンな香りに対して、独特の酸化臭が加わり始め、すっきり感が失われてゆきます。
他に酸化が進み始める事で見られる変化はキャンプの内側。オレンジ色のベトベトしたオイルが見られるようになると酸化が進んでいる証拠ですね。

時折、アロマショップのテスターとして置いてあるサンプルにもこうしたものが見られ、ティーツリーの専門家としてティーツリーの香りの『名誉』のためにも、「今すぐ交換してあげて〜」とお願いしたくなってしまいます。
ティーツリーオイルは鮮度によってその香りに大きな違いがあります!
香りを楽しむ目的では、新鮮・フレッシュなティーツリーオイルをご利用いただきたいと思います。

【ティーツリーファームズより こちらの記事もオススメ】
・ティーツリーオイルを使った水虫退治とは
・リナロールの含有が低い、低アレルギータイプのラベンダーオイルとは
・マヌカの香りは「色々なことに効果がありそう」な香り・・・
・ハーブの虫除けスプレーで野山でのダニよけ
・誤解されている!ティーツリーオイルのペットに対する毒性問題を読み解く
・日本で「アメリカ産のティーツリーオイル」が多い理由
・イライラして機嫌の悪い子供を落ち着かせるエッセンシャルオイル
・オーストラリアでティーツリーオイルを使ったアタマジラミ駆除が増えている理由

キュアス ホホバオイル ティーツリーファームズ オンラインショップ ティーツリーファームズ オンラインショップ