スペアミントオイルとペパーミントオイルの使い分けを考える


ミントの香りといえば、歯磨きなどで毎日触れている香りではないでしょうか。加えて、ガムやキャンディーなどのお菓子でもしばしば触れる香りです。
こうしたこともあり、多くの方がミントに抱くイメージは強い清涼感ですね。この清涼感・スッとする感覚の源泉はメントール成分。この成分を多く含んでいるのがペパーミントオイルです。
刺激的でスッキリした香りは集中力を高めてくれる香りとしても知られていますが、一方で強すぎるその香りは主張が強く、ブレンドで用いるのが難しい香りでもあります。たとえば、メントールが持つ虫除け効果を期待してレモンユーカリやラベンダーなどと合わせて「虫除けブレンド」で使った場合、混沌として収拾がつかない香りに仕上がってしまうことも多いですね。

これに対してスペアミントオイル。こちらはミントの爽やかな香りがある一方で、刺激成分の含有がほとんどありません。そのため、トップノートの他の香りとのブレンドでも調整がしやすい香り。たとえばレモン系の香りに合わせれば心地よいレモン&ミントの香りとして楽しめます。
協調性のある香りですから、単体ではあまり目立ちませんが実はブレンドで活躍できる場面の多い香りですから、常備しておいていただきたい一本です。

ペパーミントとスペアミント。それぞれの個性を楽しんで活用してみませんか?

【ティーツリーファームズより こちらの記事もオススメ】
・人との関わりで、見た目(視覚)ほどに重視すべき香り(嗅覚)へのアプローチ
・水溶性のティーツリーオイルをうがいで使ってはいけない理由
・ティーツリーオイル・エクストラクトで爪水虫を退治してみました
・ティーツリーの香りをもっと楽しんでみませんか?
・自己評価・Tea Tree Farmsのブランドのポジションは?
・抗菌力も! ロザリーナオイルの成分構成はフローラル感とスッキリ感が共存
・お部屋がカビ臭い? ならティーツリーオイルが役立つかも
・「ティーツリー」と「レモンティーツリー」は「コロッケ」と「野菜コロッケ」の関係ではないという理由

※このページではオーストラリアで知られているエッセンシャルオイルに関わる様々な情報を公開しています。ただし、実際のご利用に際しましては十分にご注意いただき、利用者ご自身の自己責任にて安全にご使用ください。


キュアス ホホバオイル アクアフレグランス 水溶性エッセンシャルオイル

ティーツリーファームズ オンラインショップ ティーツリーファームズ オンラインショップ

ティーツリーファームズ 公式LINEアカウント