オーストラリア産のペパーミントオイルが「甘さ」を連想させる理由


オーストラリア産のペパーミントの香りの特徴は「甘さ」を感じさせる香り」。
実際のところ決してオイルそのものが甘いわけではないのですが、なぜこのように感じるのでしょうか?

その理由はキャンディーなど、甘い食品から連想されるイメージです。そう、口に入れた瞬間にスパイスのような感覚に遮られることなく、スッとメントールの澄んだ香りが抜け出て広がる、皆さんがよくご存知のあの香りですね。

他産地のペパーミントオイルの多くは、香りの最初にスパイシーでトゲトゲした雑味を思わせる香りがあります。そのため、キャンディーの香りをイメージしたまま、こうしたペパーミントオイルの香りを試したなら、一番最初に感じられるスパイスのような香りに、ちょっとしたショックと違和感を感じるのではないでしょうか? お店のサンプルでペパーミントオイルの香りを試して、食品として知っているペパーミントの香りとの間でギャップを感じたことのある方は少なくないことでしょう。
おそらくこのスパイスのような香りは食品に加える香りとしてはあまり好まれなかったのでしょう。結果、多くのキャンディーは今の香りとなったのではないかと想像できますね。

オーストラリア産のペパーミントオイルの香りは、このスパイスっぽい刺激部分がほとんど感じられないのがその特徴。そのため、食品として親しまれているペパーミントの香りにとても似ていて、これが「甘さ」を連想させることにつながっているようです。

【ティーツリーファームズより こちらの記事もオススメ】
・香りでリラックスするのに重視すべき点は「好きな香り」だということ
・抗菌目的のエッセンシャルオイルの噴霧なら、結露させないようにすることが重要
・水蒸気蒸留で作られる精油は、ただ闇雲に植物を蒸し上げて出てきた成分を集めているわけではない
・アルコール消毒でカサカサになった肌にホホバで保湿トリートメント
・汗ばむこの時期に活躍する、ニオイを退治するフットスプレーの作り方
・食用オイルとアロマ用のキャリアオイル その違いを知っていますか?
・育毛なら、ホホバオイルを頭皮クレンジング・ヘアケアで活用!
・真面目に考える、ティーツリーオイルで「天ぷら」が作れない理由

※このページではオーストラリアで知られているエッセンシャルオイルに関わる様々な情報を公開しています。ただし、実際のご利用に際しましては十分にご注意いただき、利用者ご自身の自己責任にて安全にご使用ください。


キュアス ホホバオイル アクアフレグランス 水溶性エッセンシャルオイル

ティーツリーファームズ オンラインショップ ティーツリーファームズ オンラインショップ

ティーツリーファームズ 公式LINEアカウント