ウィルス性の皮膚の炎症・ホホバオイルに助けられたこととは?


今回はホホバオイルがスキンケアとして活躍した時の例をご紹介します。このケースは私の子供が7才の時に起きたケースでした。

この子の場合、ある日突然、体じゅうに赤い斑点が現れ、痒みを訴え始めました。少し熱があり医師に相談したところウィルス感染により皮膚に症状が出ている可能性があるとのこと。
数日して赤い斑点は治まりましたが、肌が乾燥しカサカサとなって激しい痒みは治まりません。そこで浴槽にお湯を入れて、Q’usホホバオイル(抗菌タイプ)を加えて入浴させました。湯上がりには肌に付着したホホバオイルを洗い流さないように体を石鹸で洗わずに、そのままそっとタオルドライしました。
保湿効果があるため、入浴後は痒みが大幅に緩和させることができ、大変役立ちました。その後2週間ほどで症状は完治しました。

このケースでは抗菌ホホバオイルのウィルス性皮膚炎への効果は不明ですが、ホホバオイルが乾燥による痒みを抑える効果があることで大変役立ったケースでした。

【ティーツリーファームズより こちらの記事もオススメ】
・水蒸気蒸留法と熱水蒸留法の違いを知らない?
・そのままで香水のよう・・・まるで緻密に設計されたようなブルーサイプレスの香り
・Q’usのゴールデンホホバオイルがいつもフレッシュな理由
・ティーツリーの使用では希釈をするのがオーストラリアではごく普通
・精油の値段 大きなボトルの方が小さなボトルより大きく割安になる理由
・ティーツリーの畑に牛が歩き回っている理由
・イライラして機嫌の悪い子供を落ち着かせるエッセンシャルオイル
・ティーツリーの故郷は地割れする沼地

キュアス ホホバオイル ティーツリーファームズ オンラインショップ ティーツリーファームズ オンラインショップ