水溶性のティーツリーオイルをうがいで使ってはいけない理由


風邪予防などではティーツリーオイルを使った「うがい」が人気です。ピュアオイルをコップに1滴が適量。しかし、うがいには使ってはいけないティーツリーオイルもあります。それは水溶性のオイル。
たとえばTea Tree Farmsでは『ヒーリングスタイル・水でうすめてつかえるティーツリーオイル』として出荷している、水を加えるだけで希釈ができる水溶性のオイルなどが該当します。そして「使ってはいけない理由」。それは猛烈な苦さ。

ティーツリーオイルはもともと苦味があるのですが、これが水溶化されることでより強く感じられるようになってしまうのです。喉の奥に突き刺さるような強い刺激と苦さ。ピュアオイルを使ってうがいをした時には感じられることのない強い不快感です。

「うがい」での利用では水に溶かして使った方が良いように誤解してしまいますが、実際には水に溶解しないピュアオイルを使う方が苦味も刺激も強く感じられることなく、快適に使用できるのです。

もし、ピュアオイルが強すぎると感じる場合にはティーツリー20%希釈オイルも選択肢です。こちらは水溶性ではありませんので、苦味を強く感じることはありません。

【ティーツリーファームズより こちらの記事もオススメ】
・オーストラリア産ホホバオイルの絞りカスの行方は
・意外に知られていない、ティーツリーオイルと虫よけ効果の関係
・ここが違う! ティーツリーファームズのティーツリーオイルの魅力とは
・咳止め・喉の痛み対策にティーツリーオイルを使った『荒業』とは?
・【体験談】歯茎の腫れと痛みにティーツリーオイルを活用しました
・プロの立場からのエッセンシャルオイル選び (1回目)
・キレイな畑とオイルの品質の関係
・シトロネラールの多さで選ぶ 虫除け素材ならレモンユーカリオイル

キュアス ホホバオイル ティーツリーファームズ オンラインショップ ティーツリーファームズ オンラインショップ

ティーツリーファームズ 公式LINEアカウント