歯茎から出血? 自作のティーツリーマウスウォッシュで対策


今回はティーツリーオイルを活用したマウスウォッシュの自作方法をご紹介しましょう。
ティーツリーマウスウィッシュは口腔内の雑菌対策のほかに、風邪予防も期待できますね。

【用意するもの】
1.ティーツリーオイル20滴
2.食塩 小さじ1〜3杯
3.水(ペットボトル入りの飲料水がおすすめ)
4.500mlの大きさのペットボトル

まず、ペットボトルに半分ほどの量の水と食塩を入れてキャップを締めてよく混ぜあわせます。食塩が溶けたら残りの水を加え、ティーツリーオイルを加えてできあがり。
これで口をすすぎます。ただし飲用は禁止。
好みに応じて、ペパーミントオイルを1〜2滴加えればマウスウォッシュ使用後の清涼感とスッキリ感が楽しめます。スペアミントオイルでも良いでしょう。

ティーツリーオイルは水に溶解しませんから、しばらく放置するとすぐに水面に集まって水と分離してしまいます。そのため、使用する際には毎回ボトルをよく振ってオイルを塩水に撹拌してから使うことになるため、混ぜやすいようにボトルいっぱいにギリギリまで水を加えずに、少しボトル内に空気スペースを残しておきましょう。
刺激や苦味を強く感じる場合にはオイルの量を減らして調整します。食塩の量を増やすことで苦味をカバーすることもできます。

ティーツリーの代わりにティーツリー20%希釈オイルを利用すると苦味が少し緩和されます。
一方で水でうすめてつかえるティーツリーオイルは水溶化されている分だけ激しい苦味を感じますので、うがい目的での使用には適しませんから注意してください。

【ティーツリーファームズより こちらの記事もオススメ】
・水溶性のティーツリーオイルをうがいで使ってはいけない理由
・エッセンシャルオイルを化学的に捉えると、アロマがもっと拡がる::自分をもっと素敵にするためのアロマ
・意外に知られていない、ティーツリーオイルと虫よけ効果の関係
・平地にできた、珍しいマカデミアナッツの畑
・キレイな水、空気、太陽光、土壌・・・オーストラリア産のエッセンシャルオイルが魅力的な理由
・本当に効くの? 虫除けペンダントに対する考察
・ティーツリーオイルが古くなったらどうなるの?
・レモンマートルの香りを楽しむために、知っておきたいシトラル成分の特徴

※このページではオーストラリアで知られているエッセンシャルオイルに関わる様々な情報を公開しています。ただし、実際のご利用に際しましては十分にご注意いただき、利用者ご自身の自己責任にて安全にご使用ください。

キュアス ホホバオイル ティーツリーファームズ オンラインショップ ティーツリーファームズ オンラインショップ

ティーツリーファームズ 公式LINEアカウント