鮮度の高いティーツリーオイルの決定的な違いとは


「ティーツリーオイルって薬臭くて苦手・・・」
こんなご意見をいただいたことがありました。しかし、この方が使っていたティーツリーオイルはオーストラリアのスーパーマーケットで売られている日用品グレードのオイル。しかも随分と以前に購入した、生産年不明のオイルでした。
そこでこのお客様にティーツリーファームズの新鮮なティーツリーオイルを試していただきました。

決定的な違いはそのグレードと鮮度。
グレードは刺激成分「1,8シネオール」の含有が5%以上と多い日用品グレードではなく、この含有量が2%台のプレミアムグレード。アロマ用途では当たり前の成分水準です。そしてさらなる決定的な違いは鮮度。酸化による劣化の進んでいないハーベストから半年以内のフレッシュなオイルをお送りしました。

後日、お客様よりいただいたご感想は「すごい違いです! ティーツリーオイルがこんなにグリーンで爽やかな香りとは知りませんでした」

このご感想をいただいた時、スタッフ一同、ニンマリ・・・。日本にまた一人、ティーツリーオイルのファンを増やすことができました。

【ティーツリーファームズより こちらの記事もオススメ】
・ティーツリーオイル・エクストラクトはエッセンシャルオイルなのか
・蚊を殺すのではなく、蚊が来なくなる・・・レモンユーカリの虫除け効果
・認知症患者さんへのシニアアロマの睡眠効果
・良い香り、でもレモンマートルオイルで気をつけなければいけないこと
・ラベンダーティーツリーオイルって?
・アロマセラピー・アロマランプと超音波式ディフューザーの香りの違いとは
・慣れた時が危険かも・エッセンシャルオイルの取り扱い
・ティーツリーオイルが酸化するとどうなるのか?

キュアス ホホバオイル ティーツリーファームズ オンラインショップ ティーツリーファームズ オンラインショップ