抗菌効果抜群のティーツリーオイルを混ぜ入れた水なのに、それでも水が腐敗してしまう理由


ティーツリーオイルには強力な抗菌作用がある・・・にもかかわらず、ティーツリーオイルを混ぜた水を置いておくと、水が腐敗してしまったのは一体何故でしょうか。

エッセンシャルオイルは「オイルなので、水には溶解しない」から・・・と思った方、半分だけ正解。エッセンシャルオイルは様々な成分が混ざってできていますので、実際にはごく微量だけ水に溶解する成分が含まれていることがあります。水蒸気蒸留した後の蒸留水がハーブウォーターとして利用される例があるのは、このような理由もあってのこと。
しかし、全く溶解しない成分もあります。その例がティーツリーオイルの抗菌成分「テルピネン4オール」
この成分は水に全く溶解しませんのそのまま混ぜても水面に浮遊するだけ。つまり、その下は水のままですから、放置しておくと水に含まれた不純物が原因となって腐敗してしまうことがあるのです。

【ティーツリーファームズより こちらの記事もオススメ】
・エッセンシャルオイルを同じ香りで連続して使わない方がいい理由
・意外に知られていない、ティーツリーオイルと虫よけ効果の関係
・ティーツリースプレーを使って旅先で気になる靴と足の臭い対策
・認知症患者さんへのシニアアロマの睡眠効果
・同じティーツリーの木なのに、それでも毎年変化するティーツリーの香り
・意外な、酸化したティーツリーオイルの活用法
・蚊に効く「虫除けオイル」の作り方
・正しく理解する、猫の飼育とティーツリーオイルの関係

キュアス ホホバオイル ティーツリーファームズ オンラインショップ ティーツリーファームズ オンラインショップ