抗菌効果抜群のティーツリーオイルを混ぜ入れた水なのに、それでも水が腐敗してしまう理由


ティーツリーオイルには強力な抗菌作用がある・・・にもかかわらず、ティーツリーオイルを混ぜた水を置いておくと、水が腐敗してしまったのは一体何故でしょうか。

エッセンシャルオイルは「オイルなので、水には溶解しない」から・・・と思った方、半分だけ正解。エッセンシャルオイルは様々な成分が混ざってできていますので、実際にはごく微量だけ水に溶解する成分が含まれていることがあります。水蒸気蒸留した後の蒸留水がハーブウォーターとして利用される例があるのは、このような理由もあってのこと。
しかし、全く溶解しない成分もあります。その例がティーツリーオイルの抗菌成分「テルピネン4オール」
この成分は水に全く溶解しませんのそのまま混ぜても水面に浮遊するだけ。つまり、その下は水のままですから、放置しておくと水に含まれた不純物が原因となって腐敗してしまうことがあるのです。

【ティーツリーファームズより こちらの記事もオススメ】
・希釈されたティーツリーオイルを選ぶ理由
・認知症患者さんへのシニアアロマの睡眠効果
・【即効性】花粉でグズグズしたら「ティーツリーオイル」でスッキリさせよう!
・通常の検査では見つけられない成分の異常を引火点検査で発見
・ティーツリーオイルの酸化で変わるもの・変わらないもの
・ヘビーユーザー必読のティーツリーオイルの酸化防止術
・「脂溶性」のエッセンシャルオイルという表現に感じる違和感
・光毒性のあるレモンオイルの代替にはレモンマートルがおすすめ

※このページではオーストラリアで知られているエッセンシャルオイルに関わる様々な情報を公開しています。ただし、実際のご利用に際しましては十分にご注意いただき、利用者ご自身の自己責任にて安全にご使用ください。


キュアス ホホバオイル アクアフレグランス 水溶性エッセンシャルオイル

ティーツリーファームズ オンラインショップ ティーツリーファームズ オンラインショップ

ティーツリーファームズ 公式LINEアカウント