ティーツリーオイルのできないティーツリーの木


ティーツリーオイルが抽出できないティーツリーの木がある・・・いったいどういうことでしょう?

実はティーツリーの木。様々なケモタイプが存在し、植物学上の分類ではティーツリーの木なのに、そこから抽出されるオイルは全く成分の異なるオイルというケースが実は珍しくありません。

農園に植えられているティーツリーの場合、ISOで決められた基準に沿ったオイルが抽出できる樹木をあらかじめ選抜しているので、このようなことはないのですが、自然に自生している木の場合となると話は別。
そのため、見た目はティーツリーなのにISOで決められたティーツリーの基準を満たさないオイル、時には全く異なる成分で構成されている「商業的に全くティーツリーオイルと呼べないオイル」しか採れない、そんなティーツリーの木が存在するのです。

ある農園主さんは「試しに畑のすぐ横に自生している大きなティーツリーの天然木を切って蒸留してみたところ、全く違うオイルが出てきたので驚きました」と笑って話してくれました。

【ティーツリーファームズより こちらの記事もオススメ】
・バケツ1杯分のエッセンシャルオイル
・同じティーツリーの木なのに、それでも毎年変化するティーツリーの香り
・ティーツリーウォーターが売られない理由
・花粉症の症状を一発で緩和する、ティーツリーオイルの活用法
・順番は? 保湿を目的とした化粧水とホホバオイルの関係
・ティーツリーオイルは冷蔵庫に保管しない方がいいかも
・使い切ったエッセンシャルオイルのボトルを再利用するには
・お風呂で「水でうすめてつかえるティーツリーオイル」の使用をオススメしない理由

※このページではオーストラリアで知られているエッセンシャルオイルに関わる様々な情報を公開しています。ただし、実際のご利用に際しましては十分にご注意いただき、利用者ご自身の自己責任にて安全にご使用ください。


キュアス ホホバオイル アクアフレグランス 水溶性エッセンシャルオイル

ティーツリーファームズ オンラインショップ ティーツリーファームズ オンラインショップ

ティーツリーファームズ 公式LINEアカウント