ティーツリーオイルのできないティーツリーの木


ティーツリーオイルが抽出できないティーツリーの木がある・・・いったいどういうことでしょう?

実はティーツリーの木。様々なケモタイプが存在し、植物学上の分類ではティーツリーの木なのに、そこから抽出されるオイルは全く成分の異なるオイルというケースが実は珍しくありません。

農園に植えられているティーツリーの場合、ISOで決められた基準に沿ったオイルが抽出できる樹木をあらかじめ選抜しているので、このようなことはないのですが、自然に自生している木の場合となると話は別。
そのため、見た目はティーツリーなのにISOで決められたティーツリーの基準を満たさないオイル、時には全く異なる成分で構成されている「商業的に全くティーツリーオイルと呼べないオイル」しか採れない、そんなティーツリーの木が存在するのです。

ある農園主さんは「試しに畑のすぐ横に自生している大きなティーツリーの天然木を切って蒸留してみたところ、全く違うオイルが出てきたので驚きました」と笑って話してくれました。

【ティーツリーファームズより こちらの記事もオススメ】
・ティーツリーオイルが酸化するとどうなるのか?
・ダニ退治にはユーカリオイルって本当?
・プラスチック容器にラベンダーオイルを入れたらボトルが割れちゃった
・熟成が大人の香りを醸し出す・・・時間が創る熟成ラベンダーオイルがもつ奥深い魅力
・多くの農園が年に2回、ハーベストをする理由は?
・オーストラリアの街路樹はエッセンシャルオイルで有名なあの木
・ティーツリーの畑に牛が歩き回っている理由
・ティーツリー二次蒸留オイルの特徴と活用のコツ

キュアス ホホバオイル ティーツリーファームズ オンラインショップ ティーツリーファームズ オンラインショップ