香りが!成分が! 大きく変わったユーカリ・シュタイゲリアナ


しばらく欠品していましたユーカリ・シュタイゲリアナオイルの出荷を再開しました。
ただ、取引農園が変わり、「Eucalyptus staigeriana」という学名は同じでも、従来までの出荷商品とはその成分構成も香りにも大きな違いが出ています。

その成分にはシトラール系の含有が多いため、レモンに似た香りのユーカリとして知られているシュタイゲリアナ種。ちなみにレモンユーカリとして一般的に知られてるのは蚊が嫌う成分として知られるシトロネラールを多く含むシトリオドラ種(Eucalyptus citriodora)です。

さて、話をシュタイゲリアナ種に戻しましょう。今回出荷を開始した2020年産オイルは、ケモタイプ分類するならば「リナロール・ケモタイプ」となるのでしょう。フローラルな香りとして知られるリナロールの含有量は全体の46%にも及び、なんとラベンダーオルを大きく凌ぐ数値です。ちなみに以前の出荷商品ではわずか1.4%しか含有がありませんでしたから、香りに大きな違いが出ることが化学的・論理的にもご理解いただけることでしょう。一方で柑橘を印象づけるシトラール成分の含有量には大差はありません。

この成分構成から期待される香りといえば、フローラルな一方でレモンのすっきりした香りのハーモニーですよね。
こればかりは言葉を尽くしてもなかなかお伝えできませんので、是非、2020年産のユーカリ・シュタイゲリアナの香りをご自身の嗅覚でご確認いただきたいと思います。

 

【ティーツリーファームズより こちらの記事もオススメ】
・抗菌効果抜群のティーツリーオイルを混ぜ入れた水なのに、それでも水が腐敗してしまう理由
・ウィルス性の皮膚の炎症・ホホバオイルに助けられたこととは?
・プロの立場からのエッセンシャルオイル選び (3回目)
・スポーツバッグ、ランニングシューズ・・・ニオイ対策にはティーツリースプレーが効果的
・ティーツリーオイルを使った水虫退治とは
・ティーツリーオイルは和室のお手入れに相性が抜群!
・容器の底でベトベトになってしまったエッセンシャルオイルの洗浄には
・メラルーカオイルとティーツリーオイルは同じものなのか? 一般的にはYES しかし専門家的にはNO!

※このページではオーストラリアで知られているエッセンシャルオイルに関わる様々な情報を公開しています。ただし、実際のご利用に際しましては十分にご注意いただき、利用者ご自身の自己責任にて安全にご使用ください。


キュアス ホホバオイル アクアフレグランス 水溶性エッセンシャルオイル

ティーツリーファームズ オンラインショップ ティーツリーファームズ オンラインショップ

ティーツリーファームズ 公式LINEアカウント