抗菌目的のエッセンシャルオイルの噴霧なら、結露させないようにすることが重要


乾燥する時期には、加湿器を使用する方も多いのではないでしょうか。エッセンシャルオイルが使える機器もあり、抗菌エッセンシャルオイルなどを入れて活用する方法も人気です。

一方で気をつけたいのは結露。ティーツリーオイルの主要抗菌成分「テルピネン4オール」は水にほとんど溶解しません。つまり水中の雑菌やカビには作用しないということで、結露してしまった場合には水面以下の部分への抗菌効果は残念ながら期待できず、放置すると逆にカビの原因にさえなってしまいます。

ですから、エッセンシャルオイルを抗菌目的で噴霧して活用する際には、適度に湿度管理を行いながら、結露させない環境で使用することが重要なのです。

【ティーツリーファームズより こちらの記事もオススメ】
・咳止め・喉の痛み対策にティーツリーオイルを使った『荒業』とは?
・苦手な香りは体に良いのか? こんな「不思議な説」を検証する
・雑草の多い畑では良いオイルは作れない
・重視する点は2箇所! シンプルなティーツリーオイルの品質の見分け方
・それはティーツリーじゃない? 組合に入るか入らないか・・・生産者のエゴが生む歪み
・抗菌エッセンシャルオイルを選んでアロマをより身近なものに
・厚生労働省事業による、医療関係者に向けたティーツリーオイル選びのポイントはグレードと鮮度
・抗菌目的のエッセンシャルオイルの噴霧なら、結露させないようにすることが重要

キュアス ホホバオイル ティーツリーファームズ オンラインショップ ティーツリーファームズ オンラインショップ

ティーツリーファームズ 公式LINEアカウント