抗菌目的のエッセンシャルオイルの噴霧なら、結露させないようにすることが重要


乾燥する時期には、加湿器を使用する方も多いのではないでしょうか。エッセンシャルオイルが使える機器もあり、抗菌エッセンシャルオイルなどを入れて活用する方法も人気です。

一方で気をつけたいのは結露。ティーツリーオイルの主要抗菌成分「テルピネン4オール」は水にほとんど溶解しません。つまり水中の雑菌やカビには作用しないということで、結露してしまった場合には水面以下の部分への抗菌効果は残念ながら期待できず、放置すると逆にカビの原因にさえなってしまいます。

ですから、エッセンシャルオイルを抗菌目的で噴霧して活用する際には、適度に湿度管理を行いながら、結露させない環境で使用することが重要なのです。

【ティーツリーファームズより こちらの記事もオススメ】
・最小でキロ単位? ティーツリーオイルが日本に初めて紹介された頃の話
・抗菌目的のエッセンシャルオイルの噴霧なら、結露させないようにすることが重要
・知っていましたか? ティーツリー希釈オイルを選ぶときに一番気にしてほしいことは・・・
・ティーツリーの使用では希釈をするのがオーストラリアではごく普通
・ティーツリーの畑に牛が歩き回っている理由
・蒸留した後のティーツリーの使い道
・エッセンシャルオイルの根拠のない安さに潜む怖さとは
・リナロールの含有が低い、低アレルギータイプのラベンダーオイルとは

キュアス ホホバオイル ティーツリーファームズ オンラインショップ ティーツリーファームズ オンラインショップ