原因究明! 入浴後にホホバを使ったら逆にニオイが気になった理由は


ゴールデンホホバオイルを入浴で活用されていたお客様より「ホホバを使って入浴したら、入浴後に体臭が強くなって気になるのですが」というご相談。原因はホホバによる皮脂の溶解でした。
ホホバオイルには優れた保湿効果と同時に皮脂を溶解する効果があります。このケースの場合、バスタブに加えたホホバオイルが体全体をコート。保湿効果はあるものの、同時に古い皮脂を溶解してしまい、ニオイの原因となってしまったのでした。

では、入浴時のホホバの正しい使い方。
まずはプレーンタイプのホホバオイルを使って古くなった皮脂をクレンジング。ニオイの原因となる溶け出た古い皮脂を石鹸を使ってしっかり洗い流します。
保湿のためにバスタブに加えるのはフレグランスタイプのホホバオイル。湯面から立ち上がる香りが楽しめるアロマバスをゆっくり楽しみましょう。入浴後、体全体をホホバオイルの成分が包み込んでくれるのでほのかなアロマの香りとともに「しっとり肌」に仕上がります。

ホホバオイルを上手に活用してみましょう。

【ティーツリーファームズより こちらの記事もオススメ】
・ティーツリーオイルを洗面所で毎日、活用してみましょう
・歯茎から出血? 自作のティーツリーマウスウォッシュで対策
・ティーツリーのハーベストは、こんなに短く切っちゃっても大丈夫
・吸入器が壊れた! ティーツリーオイルを使った吸入で気をつけるべきこと
・2種類ある「レモンユーカリ」オイル
・プレミアムグレードのティーツリーオイルが高いポテンシャルを持つ理由
・ユーカリオイルの多くはオーストラリア産じゃないという真実
・ネイルケアにはマカデミアナッツオイル

キュアス ホホバオイル ティーツリーファームズ オンラインショップ ティーツリーファームズ オンラインショップ