マカデミアナッツオイル、キャリアオイルとして食用オイルを使ってみると何が違う?

マカデミアナッツオイル キャリアオイル
オーストラリアで人気のキャリアオイルといえば、マカデミアナッツオイル。ナッツ独特の香りが抑えられ、適度な粘性があり、経済性も良く、マッサージオイルとしても最適。そんなマカデミアナッツオイルは化粧品用途として精製されたコスメティック・グレードのオイルです。

しかし、いかにマカデミアナッツオイルが良いキャリアオイルだとしても、残念ながら安価な食用のオイルはその代替えにはなり得ません。食用のマカデミアナッツオイルは精製を受けていない分だけ粘性が高いためベトベトしてマッサージ用途には適しません。また精製のない分だけ栄養価は高いとされますが、不純物も多く腐敗しやすい上、酸化の影響を受けやすいのが難点。

ということで、エッセンシャルオイルを希釈するキャリオイルとしてのマカデミアナッツオイルについては、食用のオイルではなく、精製されたオイルの利用が絶対に良いのです。

【ティーツリーファームズより こちらの記事もオススメ】
・ティーツリーの故郷は地割れする沼地
・蚊に効く「虫除けオイル」の作り方
・ティーツリーの畑に牛が歩き回っている理由
・水溶性のティーツリーオイルをうがいで使ってはいけない理由
・厳しくも豊かな自然が生み出した、オーストラリアの精油
・レモンマートルオイルの取り扱いで気をつけなければいけないこととは?
・遠くから「全景」見るように、エッセンシャルオイルの香りの広がりと変化を楽しむ
・咳止め・喉の痛み対策にティーツリーオイルを使った『荒業』とは?

※このページではオーストラリアで知られているエッセンシャルオイルに関わる様々な情報を公開しています。ただし、実際のご利用に際しましては十分にご注意いただき、利用者ご自身の自己責任にて安全にご使用ください。


キュアス ホホバオイル アクアフレグランス 水溶性エッセンシャルオイル

ティーツリーファームズ オンラインショップ ティーツリーファームズ オンラインショップ

ティーツリーファームズ 公式LINEアカウント