マカデミアナッツオイル、キャリアオイルとして食用オイルを使ってみると何が違う?

マカデミアナッツオイル キャリアオイル
オーストラリアで人気のキャリアオイルといえば、マカデミアナッツオイル。ナッツ独特の香りが抑えられ、適度な粘性があり、経済性も良く、マッサージオイルとしても最適。そんなマカデミアナッツオイルは化粧品用途として精製されたコスメティック・グレードのオイルです。

しかし、いかにマカデミアナッツオイルが良いキャリアオイルだとしても、残念ながら安価な食用のオイルはその代替えにはなり得ません。食用のマカデミアナッツオイルは精製を受けていない分だけ粘性が高いためベトベトしてマッサージ用途には適しません。また精製のない分だけ栄養価は高いとされますが、不純物も多く腐敗しやすい上、酸化の影響を受けやすいのが難点。

ということで、エッセンシャルオイルを希釈するキャリオイルとしてのマカデミアナッツオイルについては、食用のオイルではなく、精製されたオイルの利用が絶対に良いのです。

【ティーツリーファームズより こちらの記事もオススメ】
・「フローラルなのにスッキリした香り」はラベンダーティーツリーの香り
・私が実践している、良い香りに出会うコツとは
・ティーツリーオイルの抗菌効果を活用した「カビ退治・お掃除スプレー」の作り方
・平地にできた、珍しいマカデミアナッツの畑
・あえてスプレーじゃなく、「虫除けオイル」を使うメリットとその作り方
・【レシピ】スキンケア用のマヌカオイルの作り方
・キャリアオイル・オーストラリアのスタンダートは「マカデミアナッツオイル」
・ティーツリーオイルは冷蔵庫に保管しない方がいいかも

キュアス ホホバオイル ティーツリーファームズ オンラインショップ ティーツリーファームズ オンラインショップ

ティーツリーファームズ 公式LINEアカウント