マカデミアナッツオイル、キャリアオイルとして食用オイルを使ってみると何が違う?

マカデミアナッツオイル キャリアオイル
オーストラリアで人気のキャリアオイルといえば、マカデミアナッツオイル。ナッツ独特の香りが抑えられ、適度な粘性があり、経済性も良く、マッサージオイルとしても最適。そんなマカデミアナッツオイルは化粧品用途として精製されたコスメティック・グレードのオイルです。

しかし、いかにマカデミアナッツオイルが良いキャリアオイルだとしても、残念ながら安価な食用のオイルはその代替えにはなり得ません。食用のマカデミアナッツオイルは精製を受けていない分だけ粘性が高いためベトベトしてマッサージ用途には適しません。また精製のない分だけ栄養価は高いとされますが、不純物も多く腐敗しやすい上、酸化の影響を受けやすいのが難点。

ということで、エッセンシャルオイルを希釈するキャリオイルとしてのマカデミアナッツオイルについては、食用のオイルではなく、精製されたオイルの利用が絶対に良いのです。

【ティーツリーファームズより こちらの記事もオススメ】
・抗菌エッセンシャルオイルを選んでアロマをより身近なものに
・精油の値段 大きなボトルの方が小さなボトルより大きく割安になる理由
・産地によってこんなに違う、ラベンダーオイル
・良い香り、でもレモンマートルオイルで気をつけなければいけないこと
・悲劇! ケモタイプを間違えた中国のティーツリー農園
・目的別で考える、ティーツリーオイルの保管期限とその理由とは?
・ティーツリーオイルを使ってキッチンやシンクのお掃除!
・鼻がグズグズ そんな時フローラルでもスッキリできる香りがロザリーナ

※このページではオーストラリアで知られているエッセンシャルオイルに関わる様々な情報を公開しています。ただし、実際のご利用に際しましては十分にご注意いただき、利用者ご自身の自己責任にて安全にご使用ください。

キュアス ホホバオイル ティーツリーファームズ オンラインショップ ティーツリーファームズ オンラインショップ

ティーツリーファームズ 公式LINEアカウント