ティーツリーオイルが古くなったらどうなるの?


開封後、1年を過ぎた頃から徐々に変化が感じられるようになるのがティーツリーオイルの香り。酸化による劣化です。澄んだ爽やかな香りは酸化による癖のある香りに遮られ、この割合は時間の経過とともに徐々に高まってきます。

オイルの色はフレッシュな時の白ワインのような色から、だんだんと黄色へ、そしてさらにオレンジ色に近い色に変化します。
もう、こうなってしまうと残念ながら香りを楽しむ用途では使えません。

一方で面白いのは「抗菌用途」ではまだ活用が可能だということ。古くなったティーツリーオイルはエッセンシャルオイル全体としては酸化による香りの劣化があり、品質が劣化していますが、主要な抗菌成分「テルピネン4オール」は酸化の影響を受けない成分のため、古くなっても「健在」! つまり抗菌目的なら古いティーツリーオイルでも問題なく使えてしまうのです。

香りの劣化はあるものの、腐ってカビが生えてしまうようなことはありませんので、抗菌目的だけなら古くなったティーツリーオイルにも活躍の場がまだ残っているのです。

【ティーツリーファームズより こちらの記事もオススメ】
・「ティーツリー」と「レモンティーツリー」は「コロッケ」と「野菜コロッケ」の関係ではないという理由
・香りが違うんですが・・・ティーツリーファームズの新鮮なティーツリーオイルに入ったお問い合わせの原因
・意外に知られていない、ティーツリーオイルと虫よけ効果の関係
・葉っぱを乾燥させるだけでそのままハーブティーになる、レモンマートル
・プロの立場からのエッセンシャルオイル選び (4回目)
・意外かもしれませんが・・・「成分解析」と「香り」の関係
・リードディフューザーでオリジナルブレンドの香りを楽しむ
・12年間、じっくり熟成させたミントの香りは「奥が深くふんわり」したゴージャスな香り

※このページではオーストラリアで知られているエッセンシャルオイルに関わる様々な情報を公開しています。ただし、実際のご利用に際しましては十分にご注意いただき、利用者ご自身の自己責任にて安全にご使用ください。

キュアス ホホバオイル ティーツリーファームズ オンラインショップ ティーツリーファームズ オンラインショップ

ティーツリーファームズ 公式LINEアカウント