ティーツリー情報辞典(ティーツリーの品質)

ティーツリー情報辞典

ティーツリーの品質

5.品質の見分け方

ティーツリーオイルの品質についてはISO基準によって定められています。この規格は2017年に改定されて、従来よりも更に厳しくなりました。
オーストラリアで生産されたティーツリーについてはほとんどがこの基準値を満たしている一方で、オーストラリア国外で生産されたオイルの一部ではこのISO基準を満たせないオイルが多く存在するようになっています。

品質を見極めるポイントとしては肌への刺激成分となる1,8シネオールの含有量が5%以下、殺菌効果のある成分であるテルピネン-4-オールが30%以上(実際には35%程度は最低でもクリアしたい数値です)のスタンダードグレードのレベルを満たしているかをチェックすれば良いでしょう。
ちなみに最高グレードの「ウルトラプレミアムグレード」のオイルになると、それぞれの数値は2.5%未満、45%以上となり、オイルの香りにも大きな違いが生じてきます。
このグレードのティーツリーオイルについて、ティーツリーファームズでは『UP45+』の名称で出荷しています。

また、香りを楽しむ用途においてはやはりオイルの鮮度にもこだわっていただきたい。『薬くさい』ともいわれるティーツリーの香りですが、この原因の多くは酸化による劣化によるところが大きく、適切に管理された鮮度と品質の高いティーツリーの香りを知れば、このようなイメージはたちまち払拭されることでしょう。

6.市販商品の品質レベル

アロマテラピー用として販売されているティーツリーオイルではプレミアムグレードのオイルが採用されています。そのため、日用品用途(殺菌やお掃除などの目的で使用)として売られているものと比較して、香りも成分構成も優れています。

日本ではまだこれらの区別が十分に認知されていないため、お掃除用グレードのオイルをアロマテラピーで利用しているケースもあるようですが、刺激が強く、鮮度管理も充分でないため、好ましい利用ではありません。

これらの商品の決定的な違いは香りです。刺激成分となる1,8シネオールの含有量からくるツンとくる香りの強弱、そして鮮度の面での香りの変化でグレードを知る事ができます。

また、抗菌成分である「テルピネン-4-オール」の含有が多いオイルが高いグレードと評価を受けることから、近年、アメリカなどでは低グレードのティーツリーオイルに対して針葉樹から抽出した成分を加えることで、この成分をかさ上げしているものも見受けられます(2016年オーストラリア公正取引委員会:ACCCの調査レポートによる)。しかしながら基になっているのがグレードが低く、刺激成分である1,8シネオールの含有が多いオイルのため、やはりアロマテラピーには適しませんし、メラルーカ種以外のオイルがブレンドされた時点でISO基準ではそのオイルをティーツリーオイルと呼ぶことはできません。

関連資料:業界では公然の秘密・ティーツリーオイルの価格差と品質について

なお、Tea Tree Farmsの商品はプレミアムグレードの品質を最低限の基準としています。また、生産地オーストラリアよりお客様に直送させていただく事により、常に鮮度の高いティーツリーオイルをお届けしています。

7.ケモタイプ精油

「Tea Tree Farmsのオイルはケモタイプ精油ですか?」 というお問合せを時折いただきます。
『ケモタイプ=高品質精油』といった形で誤解があるようですので説明させていただきます。

ケモタイプとは同じ種類の樹木から異なった成分構成のオイルが抽出される事があり、これを分類するための表示の事になります。例えばニアウリとネロリーナという成分構成の全く異なる2種類のオイルは、どちらも同じ「Melaleuca quinquenervia」という樹木から抽出されます。品種の改良などを経て特定の成分が多く含まれる固体だけを集めればそれが一つのケモタイプを構成します。

ティーツリーオイルが抽出されるティーツリーの木の場合はテルピネン-4-オールという成分が多く含まれ、1,8シネオールの含有量が少ないケモタイプですからMelaleuca Alternifolia(メラルーカ・アルテルニフォーリア)テルピネン-4-オール ケモタイプと表記する事ができます。しかしながら、現実にはこのタイプのオイルが抽出されるティーツリーにしか商品価値がないため、他のケモタイプからはオイルは生産されず、ケモタイプ表示の必要性がありません。
なお、ケモタイプ表示が必要なニアウリなどのオイルの場合、Tea Tree Farmsではケモタイプ表示をしています。


 戻る icon-angle-double-left  ティーツリーの品質  icon-angle-double-right  進む

【ティーツリーファームズより こちらの記事もオススメ】
・青臭く、刺々しい・・・これがフレッシュなラベンダーオイルへの正直な感想
・水溶性のティーツリーオイルをうがいで使ってはいけない理由
・ペパーミントオイルを使った胃腸風邪予防・食中毒予防スプレーのレシピ
・ウィルス性の皮膚の炎症・ホホバオイルに助けられたこととは?
・単純化して説明します、水蒸気蒸留で抽出されたオイルが熱水蒸留で抽出されたオイルと違う理由とは?
・シトロネラールの多さで選ぶ 虫除け素材ならレモンユーカリオイル
・ティーツリーオイルの航空輸送制限とは?
・霞がかかるティーツリーの山・・・これってなーんだ?

※このページではオーストラリアで知られているエッセンシャルオイルに関わる様々な情報を公開しています。ただし、実際のご利用に際しましては十分にご注意いただき、利用者ご自身の自己責任にて安全にご使用ください。

キュアス ホホバオイル ティーツリーファームズ オンラインショップ ティーツリーファームズ オンラインショップ

ティーツリーファームズ 公式LINEアカウント