最小でキロ単位? ティーツリーオイルが日本に初めて紹介された頃の話


日本にティーツリーオイルを売りたいんだ・・・2000年代の初頭、ティーツリーファームズではそんな売り込みの相談を様々な農園さんより受けていました。

「具体的には誰にどれだけ売りたいの?」
そんな質問に対して農園担当者の答えはほぼいつも同じで「誰でも良いから、持っている在庫を買ってくれれば良いんだ。取引はキロ単位だね。小さいのは面倒だから勘弁。。。」

当時、ティーツリーファームズでは徐々に日本向けのティーツリーオイル出荷量は増えていましたが、それでもまだまだティーツリーオイルは日本では無名な存在。売り込みに行ってもお茶のオイルと間違えられるような時代に、いきなり数十キロ単位で取引が成り立つはずがありません。
かくして、多くの農園や企業が日本向けの販売より脱落してゆきました。

こんな歴史があり、現在、ティーツリーオイルの小売マーケットにおいて、日本をはじめ世界各国ではアメリカなど、オーストラリア以外の企業の商品が広く販売されることになってしまいました。

ティーツリーファームズはオーストラリアの会社なので、ちょっと残念です。

【ティーツリーファームズより こちらの記事もオススメ】
・耕作放棄で「ティーツリーの森」になってしまった畑の様子
・ラベンダーティーツリーオイルって?
・ティーツリーのハーベストは、こんなに短く切っちゃっても大丈夫
・マカデミアナッツオイル、キャリアオイルとして食用オイルを使ってみると何が違う?
・他社様の商品についてコメントを控えさせていただいている理由
・ティーツリーオイルのできないティーツリーの木
・認知症患者さんへのシニアアロマの睡眠効果
・本物のエッセンシャルオイルは水に溶解しない! 100円ショップのオイルが生んだ誤解

キュアス ホホバオイル ティーツリーファームズ オンラインショップ ティーツリーファームズ オンラインショップ