クレームを生んだ、新鮮なラベンダーオイルの香りの顛末


「今年のオイルは香りが全然違うから返品したい・・・」。ヨーロッパの某有力エッセンシャルオイルブランドから輸出業者に入ったオーストラリア・タスマニア産のラベンダーオイルへのクレームでした。

クレームの原因となったのはオイルの鮮度。実はこの年のラベンダーオイル。農園が例年より早めに鮮度の高いまま出荷してしまったのです。
ラベンダーオイルは蒸留してから最初の半年間でその香りが大きく変化します。蒸留して間もないオイルは青く少し尖った香り。この香りが半年ほどで急激に変化し、徐々に熟成した穏やかな香りに成長してゆきます。

このクレームに対して農園では数ヶ月間、そのままの状態で置いてもらうことを提案。数ヶ月後に輸出業者の担当者の立会いのもと再開封すると、その香りはタスマニアンラベンダーの「いつもの香り」に変化を遂げていました。
そして、その場で出されていたクレームは取り消されました。

【ティーツリーファームズより こちらの記事もオススメ】
・精油の値段 大きなボトルの方が小さなボトルより大きく割安になる理由
・本物のエッセンシャルオイルは水に溶解しない! 100円ショップのオイルが生んだ誤解
・香りのコーディネートでは「香りそのもの」のほかに「香りがもたらす印象」を意識することが大切
・秋の夜にオススメの香りはニュージーランド・ラベンダーの香り
・蒸留した後のティーツリーの使い道
・洗濯機が壊れた! ティーツリーオイルでのお洗濯は気をつけて
・ティーツリーオイルを使った水虫退治とは
・マダニの予防にはハーブの虫よけ

※このページではオーストラリアで知られているエッセンシャルオイルに関わる様々な情報を公開しています。ただし、実際のご利用に際しましては十分にご注意いただき、利用者ご自身の自己責任にて安全にご使用ください。

キュアス ホホバオイル ティーツリーファームズ オンラインショップ ティーツリーファームズ オンラインショップ

ティーツリーファームズ 公式LINEアカウント