業界では公然の秘密・ティーツリーオイルの価格差と品質について

小売店やオンラインショップなどを見て、ティーツリーオイルの価格には大きな違い・ギャップが有ることに戸惑われたお客様も多いのではないでしょうか。
そこで、一般のお客様はあまりご存知ない価格差の秘密についてご説明したいと思います。

 icon-arrow-circle-right 大きく分けられる「グレート」と「価格」

価格差の最も単純で大きな理由はオイルのグレード。一般的に日用品グレードのオイルにはツンとする刺激成分「1,8シネオール」が多く含有されているため、香りを試すとすぐに違いがわかります。ティーツリーオイルの品質を定めた国際標準化機構(ISO)の条件を満たすだけの適度な抗菌成分が含有されているため、日常生活用途であれば十分な品質です。

一方で値段の高いのがプレミアムグレードのオイル。「1,8シネオール」の含有が抑えられているため、刺激が少なく、アロマテラピーなど主に香りを楽しむ用途で利用されます。香りの劣化の最も大きか原因となる酸化を抑制するために、鮮度管理も徹底され、同時に日用品グレードよりも抗菌成分の含有量も多いため、パフォーマンスの高さが魅力です。
ちなみに、Tea Tree Farmsのティーツリーオイルはこちらのプレミアムグレードのオイル。ですからアロマスクールなどでもしばしばご活用いただいています。

なお、グレードによるこうした顕著な価格差は日本のオンラインショップなどだけで見られるものではなく、オーストラリアでも同じ。
大きなドラッグストアでは店舗に複数のブランドのティーツリーオイルが販売されていますが、グレードの違いのよるこれらの価格差は時に2倍以上になります。

このようなグレードの違いによる価格差、そして香りを中心とした品質の違いは業界関係者や専門家を除き、あまり知られていません。そのため、「ティーツリーオイル」という名前だけで商品探しを行うと、これほどに大きな価格差が見られる事になるのです。

この違いを知ったお客様には是非、ティーツリーの生産地、オーストラリアから新鮮なプレミアムグレードのティーツリーオイルを出荷しているTea Tree Farmsで、ティーツリーの本当の香りを体験していただきたいと思います。

 

 icon-arrow-circle-right 本当はティーツリーオイルとは呼べない、そんなオイルも・・・

オーストラリアの公正取引員会(ACCC)の2016年の調査で、アメリカなどのオーストラリア国外のブランドで販売されている「ティーツリーオイル」の多くで、その成分が不正に調整されていることが明らかになり、話題になりました。調整されていたのは抗菌成分とされる部分。日用品グレードのオイルをより高いグレードに装うため、針葉樹などから抽出した成分をこれに添加し、抗菌成分の数値を高めていたというものでした。
先述のISOの規格では『ティーツリーオイルとはメラルーカ種の植物から水蒸気蒸留法によって抽出されたオイル』と規定されているため、こうしたブレンドを行ったオイルはティーツリーオイルと呼ぶことができなくなります。

このほか、アジアの某国から販売されていた商品からはティーツリーオイルが全く含まれない化学合成された商品も発見され、こちらもショッキングな事例として注目されました。

ティーツリーオイルの抗菌成分

ティーツリーオイルの抗菌主成分「テルピネン4オール」

ティーツリーオイルの抗菌成分となるテルピネン4オールの分子構造
元々、ティーツリーには様々なケモタイプ(樹木の特性)があります。その中から人間にとって有用な抗菌成分「テルピネン4オール」を多く含むケモタイプの樹木が選別され、栽培されるようになりました。そしてこのケモタイプの樹木を基準にISOの規格が制定されたのです。
その結果、現在ではオーストラリアで栽培されているティーツリーの木から抽出されるティーツリーオイルはISOの規格を全く問題なく満たせるようになっています。

また、近年にはティーツリーオイルを特殊な条件下で二次蒸留することにより抗菌成分をより高めた「ティーツリーオイル・エクストラクト」も開発されました。

テルピネン4オールに由来するティーツリーの高い抗菌効果については世界的にも広く知られており、オーストラリアだけでなく、欧米や日本を含む世界各国の研究者が現在も研究を進めています。
また、オーストラリアでは民間療法として様々な方法でティーツリーオイルが利用されています。

ティーツリーオイルの抗菌効果に関する研究・活用事例

ティーツリーオイルの抗菌効果に関する研究に関する情報や、オーストラリアでのティーツリーオイルの活用事例についてブログ記事でご紹介します。

  1. カビで実験 ティーツリーの抗菌効果
    パンに生えたカビを使ってティーツリーオイルが真菌(カビ)の増殖をどれほどまでに抑制できるかを実験しました。
  2. カンジダ菌によるティーツリーの抗真菌効果の検証
    2006年にヨーロッパの研究者によって発表された研究論文。この研究・実験ではカンジダ菌に対するティーツリーオイルの抗菌効果を他の抗真菌薬と比較する形で検証しています。
  3. インフルエンザ予防とティーツリーオイル
    2007年3月にドイツのミュンヘンで開催された国際会議で発表された研究結果。テルピネン4オールを中心に組成されるティーツリーオイルがインフルエンザウイルス(H1N1型)に対してどのように作用するのかを実験によって検証するというものでした。
  4. ティーツリーで爪水虫対策
    ティーツリーオイルを活用して爪水虫対策を行った時の体験談。ビフォア・アフターの画像でご紹介します。
  5. イボ取りとティーツリーオイル
    医師に「細菌性のイボ」と診断されたイボに対してティーツリーオイルで退治に挑戦。しかしイボ対策に効果的な精油はティーツリーではなく、他にありました。
  6. 風邪予防・うがいに使うためのティーツリーの選び方
    うがいに適したティーツリーオイルの選び方についてご紹介します。水溶性のティーツリーオイルはうがいには適しません。
  7. ダニ駆除とティーツリーオイル
    ティーツリーオイルを活用したダニ駆除はオーストラリアでは比較的よく知られた方法です。
  8. ティーツリーマウスウォッシュの作り方
    日本の医療大学でも研究されているティーツリーオイルを活用したマウスウォッシュを自宅で簡単に作る方法。
  9. 放射線とティーツリーオイル
    放射線焼けに対してティーツリーオイルが活用された事例。

酸化による香りの劣化と抗菌成分の関係

ティーツリーオイルを長期に保管しますと香りの著しい劣化が生じることがあります。特に開封後1年以上経過し、ボトル内部に酸化を促すだけの十分な酸素があれば、酸化によりティーツリーの香りが著しく毀損されてしまいます。
一方で抗菌成分「テルピネン4オール」はその成分が非常に安定しているため酸化することがありません。すなわち、酸化が進んで香りが著しく劣化したティーツリーオイルにおいても、抗菌成分は劣化することなく、そのままの状態で含有されているということ。

オーストラリアの一般家庭では救急箱に開封後5年以上経過したティーツリーオイルが入っていて、これがそのまま使われていることも実は珍しくないのですが、これは経験的に酸化が進んだオイルでも十分な抗菌成分が含有されていることが認知されているからといえるでしょう。

ティーツリーオイルとその関連商品の選び方

ティーツリーオイルとその関連商品の選び方

Tea Tree Farmsではティーツリーオイル(メラルーカブレンド)のほかに、ティーツリーオイル・エクストラクト、水でうすめてつかえるティーツリーオイル(ティーツリーオイル15%水溶液)、ティーツリー20%希釈オイルなどいくつかの商品を取り揃えております。
これらの商品はご使用の目的に応じてご選択いただきたいのですが、「種類が多いので迷ってしまう」、「違いがよく分からない」というお客様のために、こちらのページでは目的に応じた商品の選択方法についてご案内をさせていただきます。
商品選択の目安にご利用下さい。


【商品別の選択ガイド】

ティーツリーオイル (メラルーカブレンド)

この商品は希釈のないティーツリーのエッセンシャルオイルをお捜しのお客様にお勧めしています。芳香などを目的としたアロマテラピーのほか、スキンケア用途や手作り石鹸や手作り化粧品などの素材としてご活用いただく事が多い商品です。
ボトルは100ml、50ml、25mlの3種類の商品があり、使用目的に応じて容量をご選択いただけます。全てのボトルにはキャップの内部にドロッパーが装着されているので、1滴ずつご使用いただく事ができます。
また、本商品は水には溶解しませんので、希釈する場合には乳化剤を添加するか、キャリアオイルを使って希釈する必要があります。

なお、ティーツリーオイルはその引火点により危険物に該当するため、その数量を問わず危険物輸送に関わる特別な手続きを行わないまま国際輸送することはできません。(以前は慣例的に黙認されていたものの、昨今のテロ対策の強化等の影響もあり、現在ではオーストラリア旅行のお土産としてティーツリーオイルの小瓶を飛行機で持ち帰ることでさえできなくなりました。)

そのため、本商品ではプレミアムグレードのティーツリーオイルが持つ本来の高い品質を維持しながら、国際輸送の制限に対応するための特殊な成分調整を行っています。また、これについては利便性を考え、ボトルにも明記しています。詳細についてはこちらのページよりご確認いただけます。

 icon-arrow-circle-right ティーツリーオイル(メラルーカブレンド)のページへのリンク


水でうすめてつかえるティーツリーオイル(ティーツリーオイル15%水溶液)

ティーツリーオイルを水で希釈しながら活用していただくための商品がこの「水でうすめてつかえるティーツリーオイル(ティーツリーオイル15%水溶液)」です。

ティーツリーオイルは水に溶解しませんので、そのままでは水で希釈することができません。そこでティーツリーオイルの乳化の為に最適化された乳化剤を加え、簡単に水で希釈して使えるようになっています。

水溶液中のティーツリーオイルの濃度は15%ですから、スプレー容器を使って水で10倍程度に希釈する事により、ティーツリーオイル濃度が1.5%の抗菌スプレーを作る事が可能。(ティーツリーオイルの抗菌・抗真菌力は強く、わずか0.5%の濃度でも薬に耐性のあるカンジダ菌の増殖を抑制することができます。)

水溶液1本あたりの内容量は125mlなので、10倍希釈で1.25リットルの抗菌スプレーを作る事ができます。
また、乳化剤には余力がありますので、水で希釈する前に好みのエッセンシャルオイルを加えて一緒に乳化することにより、香りをアレンジすることも可能です。

一般的にティーツリー水溶液はアルコールを使って水溶化したタイプと、その他の乳化剤を使ったタイプのものに大別されます。本商品の場合、体への強い刺激となること、そして引火性液体として取り扱いが難しくなることを考慮し、アルコールを使用しないタイプとなっています。

 icon-arrow-circle-right ヒーリングスタイル 水でうすめてつかえるティーツリーオイル(ティーツリーオイル15%水溶液)のページへのリンク


ティーツリー20%希釈オイル

ティーツリーオイルをプレミアムコスメティックグレード(化粧品用途としての上級グレード)のマカデミアナッツオイルを使って希釈したものが本商品です。
ティーツリーオイルの濃度は20%となっており、ピュアオイルに劣る事のない十分な抗菌効果が期待できる商品です。

ティーツリーオイルには高い抗菌効果があることは知られていますが、希釈しないままで使用しますと、その成分が強すぎるため体質によってはトラブルの原因となる場合があります。そのためオーストラリアでは希釈したものを使用するのが一般的です。

また希釈オイルの場合、その内容の多くを占めることになるキャリアオイルの選択も重要になってきます。本商品では成分が安定しており、酸化による劣化が進みにくいマカデミアナッツオイルのうち、ナッツ独特の香りが抑えられ、また粘性が低くベトつきの少ないことが特徴で、化粧品の素材として用いられるプレミアムコスメティックグレードのオイルを採用しました。

キャップ内部には1滴ずつ使用する事ができるようにドロッパーを装着していますので、希釈する手間をかけることなく、ボトルからそのまま使用することができます。

 icon-arrow-circle-right ヒーリングスタイル ティーツリー20%希釈オイルのページへのリンク


ティーツリーオイル・エクストラクト (二次蒸留濃縮オイル)

水蒸気蒸留法により抽出されたティーツリーオイルを特殊な条件の下で二次蒸留することにより、ティーツリーオイルの抗菌成分の源泉とされるテルピネン4オールを濃縮したのがこの商品です。

一般的なティーツリーの3倍の抗菌成分を含有しているため、より高い抗菌効果が求められる環境で活用できるエッセンシャルオイルであると言えます。

香りは一般的なティーツリーオイルのそれとは全く異なり、刺激やクセのない穏やかな香りです。そのため、トップノートの香りとのブレンドがお勧めです。

空気中に拡散する事により空間の抗菌効果が期待できます。例えば他のエッセンシャルオイルと1対1の割合でブレンドした場合においても、一般的なティーツリーオイルの約1.5倍の抗菌成分を含有していることになり、ディフューザーなどを利用して空間に拡散する事により、香りを楽しみながら空間のメンテナンスを行うことが可能になります。

ただしティーツリーと比較して更に成分が強いため、オーストラリアの専門家によると、うがいを含む、人体への直接的な使用は避けた方が良いとしています。また、体内にテルピネン4オールを分解する酵素がないことから猫に対して毒性がありますので(人間や犬には毒性はありません)、猫を飼っている場合には取り扱いに注意が必要です。

 icon-arrow-circle-right ティーツリーオイル・エクストラクト(二次蒸留濃縮オイル)のページへのリンク

ロザリーナオイル

ロザリーナオイル エッセンシャルオイル

(セミオーガニック・無農薬栽培オイル)

ロザリーナオイルとは?

ロザリーナオイル エッセンシャルオイル
ロザリーナはティーツリーと同じメラルーカ種の樹木ですが、抽出されるオイルはラベンダーのようにリナロールが豊富に含まれます。別名はラベンダーティーツリー。

フローラルな香りと同時に1,8シネオールを含有する為、メリハリのある凛とした香りが含まれます。他のエッセンシャルオイルとのブレンドによりその香りを引き立てる不思議な力を持っていますので、単体での使用のほかトップノートのオイルとブレンドしての使用もお勧めです。

アロマテラピーではラベンダーと同様に睡眠導入やリラックス効果が期待できるほか、呼吸器系の感染症にも効果があるとされています。

香りの強さ  ★★★☆☆ (3/5)

◆「セミオーガニック」オイルとは?
オーガニック認証を受けていませんが、農薬や化学肥料を一切使用しない、オーガニックオイルと同等の品質のオイルです。認証にかかるコストを抑制する事により高品質でありながら低価格を実現しています。

商品概要
このオイルのさらに詳しい情報
オンラインショップ

ティーツリーオイル エクストラクト 二次蒸留 エッセンシャルオイル

レモンセントティーツリーオイル

レモンティーツリー エッセンシャルオイル

(セミオーガニック・無農薬栽培オイル)

レモンセントティーツリーオイルとは?

レモンティーツリー エッセンシャルオイル
レモンの果実の香りを思わせるような澄んだ香りの中に、同時に甘みを感じさせる香りが同居するエッセンシャルオイルです。光毒性がないため、マッサージオイルなどでレモンオイルの代替としても使用する事ができます。

名前は「ティーツリー」が冠されているものの、ティーツリー(メラルーカ種)の亜種ではなく、植物学的な分類上はマヌカなどに近い種類になります。植物の見た目がティーツリーに似ている事から、この名前がつけられました。
オイルの構成成分もシトラルを中心に構成されており、ティーツリーと全く異なりますが、異なるプロセスでの強い殺菌効果があることでも知られています。
また、蚊が嫌うシトラルとシトロネラールがバランス良く含まれており、クセのない香りを楽しみながら虫よけにも活用する事ができます。

香りの強さ  ★★★★★ (5/5)

◆「セミオーガニック」オイルとは?
オーガニック認証を受けていませんが、農薬や化学肥料を一切使用しない、オーガニックオイルと同等の品質のオイルです。認証にかかるコストを抑制する事により高品質でありながら低価格を実現しています。

商品概要
このオイルのさらに詳しい情報
オンラインショップ

ティーツリーオイル エクストラクト 二次蒸留 エッセンシャルオイル

ティーツリーオイル

ティーツリーオイル エッセンシャルオイル

(ISO規格・国連基準を満たしたティーツリーオイル)

ティーツリーオイルとは?

ティーツリーオイル エッセンシャルオイル
強力な抗菌効果で知られるのがこのティーツリーオイル。ラベンダーやペパーミントオイルと並んでオーストラリアでは日常生活の様々なシーンで活用されているエッセンシャルオイルです。

ティーツリーファームズ のティーツリーオイルは天然自生木や植樹後に天然木と同等の環境で栽培されたティーツリーの木より抽出したエコ・ハーベストオイルを採用しています。もちろん農薬や化学肥料の使用もないオーガニック同等のこのティーツリーオイルは地球環境にも優しいオイルです。

同時に品質と鮮度にもこだわっていますから、アロマテラピーでも新鮮なプレミアムグレードオイルの澄んだ爽やかな香りをお楽しみいただけます。その品質の高さはページ上で公開しています出荷商品の成分分析表からもご確認いただけます。

なお、Tea Tree Farmsのティーツリーオイルは国連の定める国際航空輸送に関するルールに対応する為にプレミアムグレード(メディカルグレード)のティーツリーオイル(Melaleuca alternifolia)をベースにISOで定められた国際基準を満たしながら成分を微調整したメラルーカブレンドタイプとなっていますので、安心してお求めいただけます。

香りの強さ  ★★★★★ (5/5)

Tea Tree Farmsではこのほか、ティーツリーオイルの殺菌有効成分を特殊な蒸留方法により抽出して濃縮した「ティーツリーオイル・エクストラクト(二次蒸留濃縮オイル)」、ヒーリングスタイルブランドでボトルから直接お使いいただける「ティーツリー20%希釈オイル」、水で希釈する事ができる「水でうすめて使えるティーツリーオイル(15%水溶液)」を出荷・販売しています。

商品概要
このオイルのさらに詳しい情報
オンラインショップ

ティーツリーオイル エクストラクト 二次蒸留 エッセンシャルオイル

マヌカオイル

マヌカオイル エッセンシャルオイル

(ニュージーランド・イーストケープ産)

マヌカオイルとは?

マヌカオイル エッセンシャルオイル
殺菌効果のある薬用蜂蜜として知られる「マヌカハニー」が採取されるマヌカの木から抽出されたエッセンシャルオイルです。蜂蜜同様に非常に強力な殺菌効果が特徴です。ウッディーでお香のような独特の香りは好みが分かれるところです。

ニュージーランドでは「ティーツリー」という別名で呼ばれる事もありますが、一般的にティーツリーの名で知られるオーストラリアのティーツリーとは別の植物になり、オイルの構成成分も香りも全く異なります。

なお、日常生活用途で販売されているマヌカオイルの大半はアーモンドオイルなどで希釈されているものです。Tea Tree Farmsのオイルは希釈の無いピュアオイルですのでご注意下さい。

香りの強さ  ★★★★☆ (4/5)

商品概要
このオイルのさらに詳しい情報
オンラインショップ

ティーツリーオイル エクストラクト 二次蒸留 エッセンシャルオイル

ニアウリLNCTオイル(ネロリーナ)

ニアウリ ネロリーナオイル エッセンシャルオイル

(セミオーガニック・無農薬栽培オイル)

ネロリーナオイル(ニアウリ リナロール・ネロリドル ケモタイプ)とは?

ニアウリ ネロリーナオイル エッセンシャルオイル
一般にニアウリの名前で知られているのはニューカレドニア産の1,8シネオールを中心にした成分で構成されたケモタイプのオイルになりますが、このオイルは同じ種類の樹木でありながらネロリドルとリナロールを中心に成分が組成されるケモタイプのオイルになります。別名はネロリーナ。

スッキリした若草のような香りと同時に、ラベンダーオイルに含まれリラックス効果の源泉とされるリナロールを多量に含有しているのが特徴。肌に対しても成分上、非常に優しいオイルであり、当ファームの開発した虫よけスプレーにも使用しています。
単体でのご使用よりもトップノートの香りとのブレンドがお勧めです。

香りの強さ  ★★☆☆☆ (2/5)

◆「セミオーガニック」オイルとは?
オーガニック認証を受けていませんが、農薬や化学肥料を一切使用しない、オーガニックオイルと同等の品質のオイルです。認証にかかるコストを抑制する事により高品質でありながら低価格を実現しています。

商品概要
このオイルのさらに詳しい情報
オンラインショップ

ティーツリーオイル エクストラクト 二次蒸留 エッセンシャルオイル

ティーツリーオイル・エクストラクト™

(二次蒸留オイル/抗菌成分濃縮タイプ)

ティーツリーオイル・エクストラクトとは?

ティーツリーオイルエクストラクト エッセンシャルオイル 精油
一般的なティーツリーオイルの約3倍の抗菌成分を含有するのがティーツリーオイル・エクストラクト。水蒸気蒸留により抽出されたティーツリーオイルをさらにもう一度、特殊な条件下で二次蒸留する事により得られる特別なエッセンシャルオイルです。

ティーツリーオイルはその高い抗菌効果で知られますが、この抗菌効果の源泉となっているのが「テルピネン4オール」という成分です。二次蒸留によってこの割合を通常のティーツリーオイルの約3倍にまで高め、成分全体の99%以上が「テルピネン4オール」で占められています。

香りは普通のティーツリーオイルとは大きく異なり、柔らかいほのかな古木のような香りです。
細菌性・ウィルス性、真菌性(カビ)の各種トラブルへの対策としてのほか、他のオイルとブレンドでディフューザーやアロマポット、スプレーなどを使用して屋内の空気の抗菌といった用途での活用が検討できます。
※さらに詳しい情報は「ティーツリーオイルの抗菌成分」のページを参照下さい。

香りの強さ  ★☆☆☆☆ (1/5)

※ティーツリーオイル・エクストラクトはTea Tree Farmsだけが日本向けに出荷をしている特別なエッセンシャルオイルです。
※「ティーツリーエクストラクト」、及び「Tea Tree Extract」はTea Tree Farmsの商標です。

商品概要
このオイルのさらに詳しい情報
オンラインショップ

ティーツリーファームズでは『ティーツリーオイル・エクストラクト』のほかに、『ティーツリーオイル』、『ティーツリー20%希釈オイル』、『水でうすめてつかえるティーツリーオイル(水溶液)』などの商品を取り揃えています。こちらのページを参考に用途に応じて適した商品をご選択ください。