ラベンダーオイルの香りがあまり好きになれない・・・その理由はコレかも


ラベンダーオイルの主要成分として知られるのは「酢酸リナリル」と「リナロール」の成分。
このうち、高い抗菌効果とフローラルな香りをもたらすのはリナロール成分です。そのため、アロマで好まれ、高品質とされているラベンダーオイルにはリナロール成分の含有が多いオイルが多い傾向があります。

一方でリナロール成分にはアレルギーの原因となるアレルゲンとして知られる面もあり、体質によってはこの成分で頭痛などの不快な症状を示すことが知られています。
もしラベンダーオイルを使って、こうした症状が出る場合にはリナロール成分が原因となっている可能性があります。

ラベンダーは多くの市販商品で多用される、よく知られた親しみやすい香りのため意外かもしれませんが、もし「ラベンダーの香りがあまり好きになれない」と感じたなら、リナロール成分へのアレルギーを疑ってみると、この成分の含有が少ない低アレルギー性のラベンダーオイルを代替とするなどの、何らかの解決策が見つかるかもしれません。

【ティーツリーファームズより こちらの記事もオススメ】
・多くの農園が年に2回、ハーベストをする理由は?
・水虫予防! フットケアオイルの作り方
・ペパーミントオイルを拡散したら部屋から蚊がいなくなった!
・葉っぱを乾燥させるだけでそのままハーブティーになる、レモンマートル
・ペパーミントで「暑さ対策」&「虫除け」をスーッと同時に解決!
・とっても素敵で幻想的・・・ティーツリーの原生林に囲まれた紅茶色の湖
・ラベンダーオイルの香りがあまり好きになれない・・・その理由はコレかも
・「脂溶性」のエッセンシャルオイルという表現に感じる違和感

※このページではオーストラリアで知られているエッセンシャルオイルに関わる様々な情報を公開しています。ただし、実際のご利用に際しましては十分にご注意いただき、利用者ご自身の自己責任にて安全にご使用ください。



抗菌力に優れたティーツリー・抗菌エクストラクト キュアス ホホバオイル 抗菌エッセンシャルオイル メディフレグランス ティーツリーファームズ オンラインショップ

ティーツリーファームズ 公式LINEアカウント