ご存知ですか? エッセンシャルオイルには「当たり年」がある!


ティーツリーのように一年のうちに何度もハーベストが行われる植物では分かりにくいのですが、1年に1回しかハーベストの行われない、例えばラベンダーなどではその香りと成分分析にその年の「作柄」が顕著に現れます。

過去15年ほどの中で、2010年に次いで2番目に優れた作柄になったのが今年2019年産のオーストラリア産タスマニアン・ラベンダーオイル。フローラルな香りの源泉となるリナロールの含有量が39.5%と、大変高い割合になりました。実際、解禁されたばかりの2019年産オイルの香りは青々しい、少し尖ったフレッシュな香りがある一方で、深いフローラル感のある香りが楽しめるエッセンシャルオイルに仕上がっています。

ブレンドと調香により、その香りを平準化・調整しているメーカーさんのエッセンシャルオイルでは気が付きにくい点ですが、毎年の作柄をそのままに、ワインのように商品化しているティーツリーファームズのようなエッセンシャルオイルメーカーでは、こうした毎年の作柄の変化を楽しむことができるのです。

【ティーツリーファームズより こちらの記事もオススメ】
・希釈ティーツリーオイルを自作しよう!
・エッセンシャルオイルをケモタイプで分類することの重要さとは?
・ティーツリー二次蒸留オイルの特徴と活用のコツ
・認知症患者さんへのシニアアロマの睡眠効果
・ニュージーランドで気をつけたい、マヌカとティーツリーの関係
・エッセンシャルオイルの魅力を活用して生まれたのが「ナチュラル抗菌タイプ」のホホバ
・プロの立場からのエッセンシャルオイル選び (5回目・最終回)
・レモンマートルオイルの取り扱いで気をつけなければいけないこととは?

※このページではオーストラリアで知られているエッセンシャルオイルに関わる様々な情報を公開しています。ただし、実際のご利用に際しましては十分にご注意いただき、利用者ご自身の自己責任にて安全にご使用ください。


キュアス ホホバオイル アクアフレグランス 水溶性エッセンシャルオイル

ティーツリーファームズ オンラインショップ ティーツリーファームズ オンラインショップ

ティーツリーファームズ 公式LINEアカウント