体験談:邪魔だった直径5ミリのイボがポロリと取れた話


半年ほど前からでしょうか、瞼の上にできたイボが気になり始めました。
当初は小さなホクロのようなものだったのですが、徐々に大きく、そして2ミリ程度の分厚いものに成長。そして少し痒みを感じることも。
また瞼の上という場所もあって、まばたきをすると少し干渉して嫌な感じで気になります。
このイボは以前、側頭部にできた細菌性のイボにとても似ていたため、今回もブルーサイプレスオイルを使って退治に挑戦しました。

アプローチは極めて簡単。朝晩各1回、オイルを指先でチョチョっとイボに直接刷り込むだけ。ブルーサイプレスでのイボ退治は今回で3回目になりますが、今回初めて、わずかな刺激を感じました。目の周囲という敏感な部位だったからでしょうか。

過去2回では3週間ほどかかって、ボロボロと崩れるように取れたイボですが、今回は強めに刷り込んだ事もあってか、わずか1週間でイボはだんだんと固くなって、ポロリと取れてしまいました。その取れたイボの画像が上のコレ。画像では4ミリほどしかありませんが崩れ落ちた箇所があり、全長は5ミリちょっとの大きさでした。

取れたあと(直後)の様子はこんな感じ。赤黒い跡は残っていますが、大きく飛び出ていた邪魔なイボが取れて、もちろん痒みもありません。

ブルーサイプレスオイルを使った細菌性イボ退治。
オイルと体質との整合性もありますので、誰でもできるものではないかもしれませんが、個人的にはコレが3回のイボ退治成功となりました。

なお、この記事は個人の体験をご紹介したものです。
もしご自身で挑戦される場合には十分に気をつけて”自己責任”でご利用ください。

【ティーツリーファームズより こちらの記事もオススメ】
・お部屋がカビ臭い? ならティーツリーオイルが役立つかも
・大好きな香りにティーツリー並みの抗菌効果を追加する簡単な方法
・エッセンシャルオイルをケモタイプで分類することの重要さとは?
・水蒸気蒸留で作られる精油は、ただ闇雲に植物を蒸し上げて出てきた成分を集めているわけではない
・抗菌効果抜群のティーツリーオイルを混ぜ入れた水なのに、それでも水が腐敗してしまう理由
・ティーツリーのハーベストの季節はいつ?
・真面目に考える、ティーツリーオイルで「天ぷら」が作れない理由
・アニスマートルの花が咲きました

※このページではオーストラリアで知られているエッセンシャルオイルに関わる様々な情報を公開しています。ただし、実際のご利用に際しましては十分にご注意いただき、利用者ご自身の自己責任にて安全にご使用ください。

キュアス ホホバオイル ティーツリーファームズ オンラインショップ ティーツリーファームズ オンラインショップ

ティーツリーファームズ 公式LINEアカウント