熟成が大人の香りを醸し出す・・・時間が創る熟成ラベンダーオイルがもつ奥深い魅力


毎年、4月〜5月頃に出荷を開始しているのがオーストラリア・タスマニア産のラベンダーオイル。ハーベストされて間もない、フレッシュなオイルです。このような新しいオイルの特徴は青々しく、少し尖った自己主張の強い香り。そしてこの香りはさらに半年ほどかけて急速に変化し、穏やかで安定した香りに変化してゆきます。

ティーツリーなどでは時間の経過による酸化で香りに劣化が生まれるためフレッシュな香りが好まれますが、ラベンダーについてはその逆で、熟成により香りの深みが増してゆきます。

時間の経過が生み出すラベンダーの香りの成長と変化が楽しめるのがティーツリーファームズのタスマニアンラベンダーオイルの魅力。
時間が創る熟成と、その香りの奥深い魅力をじっくりと楽しんでみてください。

【ティーツリーファームズより こちらの記事もオススメ】
・レモンマートルの香りを楽しむために、知っておきたいシトラル成分の特徴
・意外に知られていない、ティーツリーオイルと虫よけ効果の関係
・歯茎から出血? 自作のティーツリーマウスウォッシュで対策
・リナロールを多く含むエッセンシャルオイル
・ケモタイプのエッセンシャルオイルって何でしょう?
・ペパーミントオイルを拡散したら部屋から蚊がいなくなった!
・ユーカリ・シュタイゲリアナオイル・・・いい意味で「期待を裏切る」香り
・ティーツリーオイルは冷蔵庫に保管しない方がいいかも

キュアス ホホバオイル ティーツリーファームズ オンラインショップ ティーツリーファームズ オンラインショップ

ティーツリーファームズ 公式LINEアカウント