目的別で考える、ティーツリーオイルの保管期限とその理由とは?


一口にエッセンシャルオイルといっても、その成分は様々。そのため、エッセンシャルオイルの保管期限もオイルによって実は相当に異なります。

たとえばラベンダーオイル。長く保管することで熟成が進み、香りが良くなるオイルとして知られています。ペパーミントオイルスペアミントオイルは長期保管してもあまり香りに劣化が生じません。

そしてティーツリーオイル。比較的酸化の影響を受けやすいオイルのため、香りを楽しむなら未開封で3年程度、開封後は1年以内に使い切っていただくことをお勧めしています。
一方でそれ以外の抗菌用途であれば、香りの劣化は進むものの、抗菌成分は酸化の影響を受けないため劣化しないので、もっと長く保管しても大丈夫です。オーストラリアの一般家庭には5年、10年も経過したティーツリーオイルがしばしば薬箱で活躍しています。

【ティーツリーファームズより こちらの記事もオススメ】
・ティーツリーの故郷は地割れする沼地
・認知症患者さんへのシニアアロマの睡眠効果
・ニュージーランドで気をつけたい、マヌカとティーツリーの関係
・ティーツリーのハーベストは、こんなに短く切っちゃっても大丈夫
・体臭対策・ティーツリーオイルによるデオドラント効果の実験
・レモンマートルオイルの付着したティッシュを捨てたら、ゴミ箱のコバエがいなくなった
・ネイルケアにはマカデミアナッツオイル
・ティーツリーオイル・エクストラクトはエッセンシャルオイルなのか

キュアス ホホバオイル ティーツリーファームズ オンラインショップ ティーツリーファームズ オンラインショップ