水溶性エッセンシャルオイルがアロマバスに向かない理由


浴室いっぱいに広がるお気に入りの香りを楽しみながら、ゆっくりバスタイムを楽しむ・・・アロマバスといえばそんなイメージでしょうか。
バスタブに入れて使うのですから、そのままで水(お湯)に溶ける水溶性のエッセンシャルオイルが利用に適しているように思われがちですが、実はそうではありません。その理由は単純で水に溶解してしまうから。

一般的なアロマバスの場合、湯面に浮かぶオイルが蒸気に合わさって空間に広がることで、その香りを楽しむことができるようになります。一方で水溶性のオイルを使った場合、オイルは水に溶解され、香りも同時に希釈されてしまいますから、バスタブのような大きな容量で利用するとオイルをごく微量だけ含む、ほとんど香りのない蒸気が上がってくることに。これではアロマバスは楽しめませんね。

以上のことから、水溶性のエッセンシャルオイルはアロマバスには向きません。
一方で希釈していないピュアオイルをバスタブに滴下するのも、湯面に浮かぶオイルが肌に直接触れることになるため危険な方法。安全のために必ずキャリアオイルを利用して適度に希釈したものを利用しましょう。

【ティーツリーファームズより こちらの記事もオススメ】
・10%濃度のオイル それは重量比?それとも容積比?
・ティーツリーの香りをもっと楽しんでみませんか?
・順番は? 保湿を目的とした化粧水とホホバオイルの関係
・洗濯機が壊れた! ティーツリーオイルでのお洗濯は気をつけて
・エッセンシャルオイルの利用でスプレーが壊れる理由
・レモンティーツリーはマヌカに近い!
・コレがティーツリーの畑の「隣」から飛んできたモノ
・雑草の多い畑では良いオイルは作れない

※このページではオーストラリアで知られているエッセンシャルオイルに関わる様々な情報を公開しています。ただし、実際のご利用に際しましては十分にご注意いただき、利用者ご自身の自己責任にて安全にご使用ください。


キュアス ホホバオイル アクアフレグランス 水溶性エッセンシャルオイル

ティーツリーファームズ オンラインショップ ティーツリーファームズ オンラインショップ

ティーツリーファームズ 公式LINEアカウント