新しいオイルと古いオイル、良い香りのするエッセンシャルオイルはどっち?


新鮮なエッセンシャルオイルは良い香りがする・・・そんなイメージがありますが、実際には常にそうなるわけではありません。
例えばラベンダーオイルペパーミントオイル。少し熟成が進んだ方が、尖った青々しい香りがなくなって、まろやかで豊かな香りが楽しめます。

これと全く逆なのはティーツリーオイル。こちらは酸化が進みやすい上、酸化による香りの劣化が著しいため香りを楽しむなら絶対にフレッシュなオイルがオススメです。
ちなみに、どちらでも大差がないのがグロブルス種などのユーカリオイル。10年以上経過しても、ほとんど香りは変わりません。

こう書きますと、「古いラベンダーオイル=良い香りのラベンダー」といった印象ですが、実際にはそうではありません。酸化や太陽光での劣化対策など、適切に管理・保管されていないエッセンシャルオイルは、たとえラベンダーオイルであっても残念ながらその香りは激しく劣化してしまいます。
キチンと管理されずに、ただ放置されたワインが熟成したワインにはならずに、酢になってしまうのときっと同じですね。

【ティーツリーファームズより こちらの記事もオススメ】
・そのままで香水のよう・・・まるで緻密に設計されたようなブルーサイプレスの香り
・エッセンシャルオイルをケモタイプで分類することの重要さとは?
・とても素敵なオイルに出会いました・「完熟搾り」のオリーブオイル
・これって産地偽装? かつてあったオーストラリア産ホホバオイルの表記
・ミントのオイル、ブレンドなどで幅広く使うならなら迷わずスペアミント
・ユーカリとレモンユーカリ 同じユーカリでも精油はこんなに違う!
・ティーツリーオイルが酸化するとどうなるのか?
・倦怠期? 大好きな香りだからこそ、時々休んで大切にしてあげることが重要

※このページではオーストラリアで知られているエッセンシャルオイルに関わる様々な情報を公開しています。ただし、実際のご利用に際しましては十分にご注意いただき、利用者ご自身の自己責任にて安全にご使用ください。

キュアス ホホバオイル ティーツリーファームズ オンラインショップ ティーツリーファームズ オンラインショップ

ティーツリーファームズ 公式LINEアカウント