レモンマートルオイルの取り扱いで気をつけなければいけないこととは?


劇薬を扱う際にはゴム手袋が欠かせませんが、これと同様にレモンマートルオイルを取り扱う際には同程度の注意が必要かも。

注意が必要なのはみかん風呂などで肌が赤くなってしまう、そんな体質の方。シトラル成分に対して肌が敏感に反応してしまう方です。

レモンマートルオイルの成分はその90%以上がシトラル成分。そのため、こうした体質の方がピュアオイルに触れてしまうと、たちまち肌が赤くなったり、湿疹が出たりしてしまうことも。
こんなに強い成分のオイルですから、様々な用途においても十分な希釈(0.1%未満)が必要となります。一方で、香りも大変パワフルですから、こんな微量でも十分に香りが楽しめます。

エッセンシャルオイルは香りに慣れてくると使用濃度がだんだんと高くなりがちですが、レモンマートルの場合にはディフューザーなどを使って高濃度で屋内に拡散した場合、目や肌にも刺激を感じることがありますので、使用に際しては毎回、しっかり計量して使用することをお勧めします。

【ティーツリーファームズより こちらの記事もオススメ】
・自作の液体抗菌ティーツリー・ハンドソープで風邪予防の手洗い
・ティーツリーウォーターが売られない理由
・人気商品・抗菌タイプのホホバオイルの魅力とは
・抗菌エッセンシャルオイルを選んでアロマをより身近なものに
・ティーツリーオイル・エクストラクトで楽しむ手作り抗菌石鹸
・ティーツリーオイルの航空輸送制限とは?
・洗髪でティーツリーオイルを使ったら、ヘアマニキュアがとれちゃった・・・
・洗濯機が壊れた! ティーツリーオイルでのお洗濯は気をつけて

キュアス ホホバオイル ティーツリーファームズ オンラインショップ ティーツリーファームズ オンラインショップ