抗菌と抗ウイルス効果が知られる成分「シトラール」を多く含むレモンマートル


抗菌と抗ウイルス効果が知られる成分で、しばしば名前が出るのが「シトラール」という成分。そのため、「シトラール配合」などを謳った除菌シートなどをしばしば見かけますね。
シトラールは主にゲラニアール (geranial) とネラール (neral) を合わせたものの総称です。そのため、エッセンシャルオイルの成分表には通常、ゲラニアールとネラールの、それぞれの含有量が記され、これらを合算してシトラール含有量として表示されるのが一般的です。
さて、このシトラール成分を多く含有するエッセンシャルオイルとして名前が挙がるのはレモングラスですね。含有の割合は約70%程になります。しかし、これをさらに大きく上回るエッセンシャルオイルオイルがあることをご存知でしょうか?
そのオイルの名前はレモンマートルオイル。なんとシトラールの含有割合が90%を超えています(成分分析表)。

レモン果汁を思わせる鮮烈でパワフルな香りが特徴で、オーストラリアではアロマや食用のほか、抗菌作用を生かした洗剤なども製造されています。
一方で成分が大変強いため、ピュアオイルが肌に直接触れると発赤や湿疹などの原因となったり、アロマでも高濃度で使用した場合には目や粘膜に刺激を感じることがありますから、取り扱いに注意が必要なオイルです。
その優れた抗菌・抗ウイルス効果を上手に活用するためには適度なキャリアオイルによる希釈や水溶化による希釈がポイントになってくるでしょう。
そのためレモンマートルではエッセンシャルオイルのほか、水溶性エッセンシャルオイル(アクアフレグランス)も選択肢になります。

なお、「シトラール」と名前が似ているのが「シトロネラール」で、レモンユーカリオイルに多く含まれる、虫よけ効果に優れた成分として知られます。しかしこれら2つは化学的に全く別の成分ですので混同しないよう気をつけてください。

【ティーツリーファームズより こちらの記事もオススメ】
・レモンの香りのティーツリーでしょ? レモンティーツリーオイルに多い誤解とは
・エッセンシャルオイルを同じ香りで連続して使わない方がいい理由
・順番は? 保湿を目的とした化粧水とホホバオイルの関係
・なぜ、「値段が高いラベンダーオイル」の香りはこんなに違うのか?
・空間の抗菌を目的にアロマを利用するための、3つの重要なポイント
・レモンマートルの香りを楽しむために、知っておきたいシトラル成分の特徴
・蒸留した後のティーツリーの使い道
・虫除け効果を期待して、色々混ぜすぎると、香りがカオスになる・・・

※このページではオーストラリアで知られているエッセンシャルオイルに関わる様々な情報を公開しています。ただし、実際のご利用に際しましては十分にご注意いただき、利用者ご自身の自己責任にて安全にご使用ください。


ティーツリーファームズはオーストラリアのエッセンシャルオイルメーカーです キュアス ホホバオイル ティーツリーファームズ ティーツリーオイル ティーツリーファームズ オンラインショップ ティーツリーファームズ オンラインショップ

ティーツリーファームズ 公式LINEアカウント